怖い話し - 徒然日記


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

祭り 伝えられる伝統と目に見えない神の力

昔から伝わる祭りには必ず意味があるものです。

一般に多いのが、秋の実りを神様に感謝するお祭り

私の住む村でも先日、秋祭りがありました。

その祭りと言うのが江戸時代からえられているとうりに毎年執り行われなければならないのです。

(事細かな言い伝えのとうりに・・・すべてに意味があるのです)

秋の実りに感謝するお祭りではあるのですが、もう一つ隠れた言い伝えもあるのです。

これは言い伝えてはいけないものかもしれないのですが・・・・

(おばあちゃんに怒られるのです)

ここから先は他言無用の裏の言い伝えです。

村で一番不幸がおとづれる家に、祭りの受け前が回って来るようになっているのだそうです。

祭りの受け前が回ってきたら、心から神様に感謝し祭りのお手伝いの奉仕なければならないのです。

そうすると神様が災厄から守って下さり、1年間無事に暮らせるのだそうです。



なぜか分からないのですが、

本当に分からないのですが・・・

今年・・・祭りが終わって1週間でその年の受け前だった家の方がなくなりました。


去年おととしも同じ日にその年の受け前だった家の方がなくなりました。

(祭りの受け前の家の不幸の話はあまり話されないのですが、よくあることなのです。言ってはいけないのかもしれませんが)

祭りとは意味があって行われています。伝統を守るとは、本当は目に見えない大事な何かを伝えることでもあります。

「祭りの受け前がめんどくさい」

「田舎には座とかこもり、とか寄り合いが多すぎる・・簡単にすれば良いのに」

「仕事休んでまでしなくちゃいけないなんて・・今時」

など、影で言われている人も居るのです。


でも、でも、

何か忘れている気がする。

何も感じなくなっている。


目に見えない大きな力があることを、みんな忘れて自分勝手に生きています。

お祭りの時こそ思い出して欲しいと思います。

私たち人間は、この宇宙の一部でしかなくて、大きな力で守られ生きている事を。

人気blogランキングへ





蛇の抜け殻と純金箔の最強コンビ。蛇の抜け殻「金の卵」



風水・古銭

ある意味怖い話し

 うちの近所は、畑や田んぼばかりです。お陰で、野菜果物を、いつもたくさん頂いています。有り難い事です。(家計は、大助かり)
 
 野菜を作っていらっしゃる方は、家で食べる分を植える畑には、あまり農薬とか、使われていないようです。
 
 おじいちゃん、おばあちゃん達は、慣れた手つきで、作物についたを、かたっぱしから、つぶしまくり、それを、いつも見ている子どもが、

「おばあちゃん、お願いだけん、そん手で、にぎりめしは、にぎらんでくれ。」

て、言うんだとか。
ん。その気持ち分かる。

 が、つぶされるところ、
  想像しただけで・・・・・・あ、その手・・・・・・。
      
    ウエッ・・は・は・・吐き気が・・・・。
 
 キャベツ畑には、モンシロチョウ達が群がっています。
 何も知らない人が見たら、

「まあ、ステキ。」

って思うかも知れません。
でも、よく見るとキャベツには、たくさんのの赤ちゃん、

 そう、アオムシが、はい回り、黄緑色のウンコをまき散らし、そして、数えきれない程の黒い点(蝶の卵)が、ついています。
 
 農薬をたっぷり、振りかけられ、美しく育ったキャベツを食べるか、

 無農薬で虫食い、穴ぼこだらけ、虫のウンチだらけ、でも、おじいちゃん、おばあちゃんの愛情の手で育てられた、安全なキャベツを食べるか。

 あとは、お考えください。
 ある意味怖い話しでしょ。





人気blogランキングへ



楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!


怖い話し(死に絶える家)

 暑い夏が、やってきました。

身の・もよだつ怖い話が、そろそろ、聞きたくなる。

いえ、聞きたくなくても、耳にはいってくる季節に、なりました。
おお・・・・・

そこで、私が以前、出会った死に絶える家についての話しを、書こうと思います。

死に絶える家と言っても、家が人間を食べると言う話ではありまあせん。(家に食べられるなんて怖い。家で夜、眠れないじゃないの。)

死に絶える家に住むと、なぜか、そこに住む人々が、次々に事故に遭い、病気になり、死んでしまい。やがて、一人もいなくなる、と、言うのです。

 私は、月に一度、お掃除用モップのレンタル業務に行っているのですが、ある大きな古い家に行った時の事です。

おばあさんが一人で、住んでいらっしゃいました。

最初は、良かったのです。普通に話しをして、身の回りの事も自分でしていらしたのです。

そのうち、段々とボケが始まり、おばあさんの身体の具合が悪くなり、一人では、掃除も出来ない状・になり、モップのレンタルを解約しました。

あとの話です。別の家におじゃました時、「死に絶える家」について詳しい話をききました。

 最初は、十数年前、まだ、幼かった長男が、ほんの小川で水死。20歳ぐらいの、長女が、癌で病死、続いて母親が癌で病死。二人目の奥さんと結婚、そして、そしてに夫が病死。そして、一人きりになったのが、後妻さんの、あの、おばあさん(二人目の奥さん、子どもは、いません)。

よく聞くと、あの家のご近所一帯、そういう事があり、空きやになってしまった家があるとか。

私が、話を聞いた人の家も、実は、あの家の近所だったので、家を建て直し、引っ越してきたのだ。と、話されました。
 
この話を聞いて半年程経ったころ、あの大きな古い家に住んでいらした、おばあさんが亡くなった、と聞きました。

 いま、その大きな古い家には、その話をまったく知らない人が引っ越してきて、住んでしらっしゃるのだそうです。
 
 引っ越しをする時は、その土地に長年住んでいらしゃる人に、色々話を聞いた方がいいと、思います。

ああ・・・これを書きながら、寒気がしてきました。





人気blogランキングへ














楽天ブックス


楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!









楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。