怖い話し(死に絶える家) - 徒然日記


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

怖い話し(死に絶える家)

 暑い夏が、やってきました。

身の・もよだつ怖い話が、そろそろ、聞きたくなる。

いえ、聞きたくなくても、耳にはいってくる季節に、なりました。
おお・・・・・

そこで、私が以前、出会った死に絶える家についての話しを、書こうと思います。

死に絶える家と言っても、家が人間を食べると言う話ではありまあせん。(家に食べられるなんて怖い。家で夜、眠れないじゃないの。)

死に絶える家に住むと、なぜか、そこに住む人々が、次々に事故に遭い、病気になり、死んでしまい。やがて、一人もいなくなる、と、言うのです。

 私は、月に一度、お掃除用モップのレンタル業務に行っているのですが、ある大きな古い家に行った時の事です。

おばあさんが一人で、住んでいらっしゃいました。

最初は、良かったのです。普通に話しをして、身の回りの事も自分でしていらしたのです。

そのうち、段々とボケが始まり、おばあさんの身体の具合が悪くなり、一人では、掃除も出来ない状・になり、モップのレンタルを解約しました。

あとの話です。別の家におじゃました時、「死に絶える家」について詳しい話をききました。

 最初は、十数年前、まだ、幼かった長男が、ほんの小川で水死。20歳ぐらいの、長女が、癌で病死、続いて母親が癌で病死。二人目の奥さんと結婚、そして、そしてに夫が病死。そして、一人きりになったのが、後妻さんの、あの、おばあさん(二人目の奥さん、子どもは、いません)。

よく聞くと、あの家のご近所一帯、そういう事があり、空きやになってしまった家があるとか。

私が、話を聞いた人の家も、実は、あの家の近所だったので、家を建て直し、引っ越してきたのだ。と、話されました。
 
この話を聞いて半年程経ったころ、あの大きな古い家に住んでいらした、おばあさんが亡くなった、と聞きました。

 いま、その大きな古い家には、その話をまったく知らない人が引っ越してきて、住んでしらっしゃるのだそうです。
 
 引っ越しをする時は、その土地に長年住んでいらしゃる人に、色々話を聞いた方がいいと、思います。

ああ・・・これを書きながら、寒気がしてきました。





人気blogランキングへ














楽天ブックス


楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!









楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4897709

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。